日本少年野球連盟の目的及び事業



硬式野球を愛好する少年に正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて心身の錬磨とスポーツマンンシップを理解させることに努め、規則を重んじる明朗な社会人としての基礎を養成し、次代を担う少年の健全育成を図ることを目的としています。







日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)は2013年1月内閣府より公益財団法人の認定を受け、正式名称が公益財団法人日本少年野球連盟に変わりました。

日本少年野球連盟のスタートは1970年。
最初はわずか28チームという一握りの小さな集団でしたが、いまでは北から南まで39支部、小・中学生の部併せて約742チームの大きな組織に発展しました。

現在、千葉県支部中学の部は16チームです。


ボーイズリーグのホームページ










 
ボーイズリーグについて
【正式名称】
公益財団法人  日本少年野球連盟